2017年6月16日

今年1月頃からパン屋開業に向けて、色々と準備を進めていましたが、ついに物件が決まりました!

大三島は高齢化と人口減少で空き家が増えていますし、パッと見で使えそうに思える物件は多いのですが、いざ借りようとすると、実際には非常にハードルが高いのが現状です。商売ができそうな場所となるとなおさらのこと。

そういう意味では、私たちが今回パン屋の店舗を構える予定の場所はこれ以上にない好条件が揃った場所と言えると思います。


上の写真の左側に見える白い建物の1階部分が店舗物件です。

8m×5mの箱が2つあるような構造になっています。
左側は20年前位までお好み焼き屋さんだったので、換気扇が40㎡に4つも付いてます。
右側は釣具屋さんだったそうです。

私たちは、左側をパン製造施設として、右側を販売所として使います。


この場所は、しまなみ海道の大三島ICを降りて、車で3分くらいのところにあります。
ICを降りて暫く大山祇神社に向けて国道を走っていき、井口港の手前で左側に曲がります。
国道はサイクリストの通行ルートですので、サイクリストもアクセスしやすいです。




国道を左に曲がって、県道に入ると、すぐに富士見園という、魚介料理で有名な旅館が見えてきます。


富士見園さんを過ぎて、カフェ・クルーザーさん、ヘアサロン・イズムさんを過ぎると、私たちが借りる物件が現れます。




この物件には駐車場があり、車は3台くらい停められます。道幅が広いので、店の前に自転車を停めたり、車を泊めたりすることも可能です。

外側にあるレンガの花壇には、ハーブを栽培する予定ですし、大家さんが店舗の塗装をしてくれるので、より明るい印象になっていくと思います。


この店舗から2分歩けば、井口港。上のような瀬戸内海を眺めながら、パンやサンドウィッチを食べることができちゃいます。


店舗が決まって本当に安心しました。

これで心置きなく、パン屋開業に向けた取り組みをこのブログでご紹介できます^^