2015年11月9日

350個の赤煉瓦をひたすらに毎日積んでいます。
積みマシーンを使うと、最速で1日4段(70個)ほどの煉瓦を積むことができます。

計算上は5日で赤煉瓦が詰めます、が!
単純に真っ直ぐに煉瓦を積めばよいわけでもないので
意外と時間がかかります。。。



調理台横部分の赤煉瓦積みが少し変則的でした。
本来、半丁の赤煉瓦を積むところを、通常の1丁の煉瓦を積みました。

つまり半丁分の下は空洞になっています。
この箇所は安定させるために、砂を入れました。


耐火煉瓦で造ったパン窯と、外壁の赤煉瓦の間に砂を入れることで
窯内の温度を下がりにくくすることが可能になるようです。

最終的に窯の中には400kg以上の砂を入れます。
今回は200kg分を入れました。あっという間に200kgが隙間に吸い込まれていきました。



窯の左側には、加湿用の窓が開いています。
ここに、ロングノズルのスプレーを差し込んで加湿します。


スプレーを差し込むスペースを確保するために、上のように煉瓦を積みました。
通常のレンガだと、収まらないので半端な部分はディスクグラインダーで削ります。


ばっちり収まりよくレンガを積めました!
反対側の温度計がついている箇所も、同様に煉瓦を積んでいきます。