2016年1月29日

蜜柑の時期がだいぶ終わってきたので、
ネーブルとレモンで酵母を仕込むことにいたしました。

ネーブルは、海Sora&花結びさん

レモンは花澤家族農園さん

それぞれ有機栽培のものを使わせていただきました。


ネーブルとレモンは、サッと水で洗います。



その後、皮をナイフでむきます。
レモンは白い部分に苦味があるので、できるだけ取り除きます。
上の写真は白い部分を取り除くまえです。


ネーブルは少し、小さめにカットしてみました。




1リットルの瓶に、ネーブルとレモンを400g程度入れまして
上に皮をいれます。酵母菌は皮の表面に付着しているためです。

さらに、キビ砂糖を30g入れました。
ネーブルもレモンも酸味が強かったので多めにキビ砂糖を入れてみました。

その後、煮沸して冷ました水をなみなみと1リットルの瓶に注ぎます。
蓋を閉めると溢れるくらいです。


蓋を閉めた後に、冷蔵庫に寝かせます。
蜜柑酵母の経験から4-5日程度で常温に戻そうと思っています。


レモンの皮をずっと入れておくと酵母液が苦くなるので、どこかで取り出します。
常温に戻してから、酵母液の味を見ながら取り出すタイミングは決めようかと思います。

初のネーブル酵母、元気に育ってほしいです。