2016年11月7日

大三島パン祭りを開催するにあたって、一番の懸念は、何の実績もないイベントにパン屋さんが出店してくるのか。。。橋代をわざわざ払って大三島に来てくれるのか。。。つまり出展者が集まっててくれるのか。。。ということでした。

飛び込み営業みたいな形で20店舗以上、出店のお願いを直接させて頂いたのですが、その場で即決してくださる方はさすがに殆どおらず「検討してみますね」と言われるケースが多かったです。

でも、広島県福山市のPanaderia Trigoは違いました。
「出ますよ!」とその場で即決してくださったのです。。。

車で1時間以上かかる大三島で開催するイベントに!
一度もお会いしたことがない、自分のような怪しい髭メガネが1人で交渉に行ったのに!

その場で即決してくださるって、いやぁー本当に嬉しかったです。

帰りの車の中で「おっしゃー!!!!」って絶叫しましたから、ハンドル片手にガッツポーズして、「よぉーし、よぉーし、よぉ~~し!!こりゃ面白くなってきたぜ!!」とか1人でエキサイトしてましたから、いやぁー、本当に嬉しかったです。今、あのときのこと思い出しても、嬉しさが込み上げてくるので、はい。。。ありがとうございました、トリゴさん。


ご出店いただけるお礼と、当日のお願い事項を持ってトリゴさんにお邪魔してきました。2回目の訪問は、なんだか安心感があって、ずっと前からお知り合いのようなそんな気持ちでお店に入りました。



優しい笑顔のご夫婦がお店をやっております。自分もこういう笑顔でお客様を迎えられるよになりたいっす。

トリゴのご主人は実家が埼玉県で自家培養天然酵母でパンを焼く「ラパン ノワール くろうさぎ 」だそうです。ご実家がパン屋さんでしかも自家培養の天然酵母パンを焼かれているって。。。天然酵母界のエリートでございますね。

はじめに訪問したときに、新麦の十勝ヌーボーという粉を使ったパンを頂きました。ホント美味しかったです。自家製粉の全粒粉、ライ麦粉を使っていることもあり、香りの立ち方が違います。

トリゴさんでも、酵母は全て自家培養で、パンに入れるドライフルーツやナッツは、オーガニックの原材料を使ってます。小さな子どもにも安心して食べてさせられる天然酵母パンです。

福山界隈に行かれることがあったら、ぜひ皆さんもお店にお立ち寄りいただければと思いますが、お店の概観はこんな感じ↓でめっちゃお洒落です。




お店のロゴもかわいらしいですね。


ご主人が1人で焼かれているということもあり、焼いたパンは基本ショーケースに飾られています。昼頃に伺ったので、下記の写真で比較的パンが残っている状況です。夕方近くに行ったら、もう殆どパンはないです。

天然酵母なので、ハード系のパンが多いのかなーと思いきや、お惣菜パン、菓子パンなどもいっぱい焼いています。



カレーパンとか、メロンパンとか、アンパンとか、クリームパンとか、パン屋さんによくあるパンは一通りあります。

この日も、お昼ごはんに色々とパンを食べたのですが、
クリームパン、めっちゃ旨かったです。
優しい甘みで、ミルクがしっかり香るパンでした。また食べたくなるパンです。




ショーケースを見ていると、あれも、これも、ついつい買いたくなってしまいます。

大三島でトリゴさんのパンが買えるって、「大三島パン祭り」はホントいいイベントですね!




店内には、焼き菓子や、オーガニックの調味料、ジャム、オリーブオイルなども置いてありました。もう私はトリゴさんの大ファンなので、福山に行ったら、トリゴさんに行きますよ~!!

皆様も福山にお出かけの際にはぜひお立ち寄りください。